記事一覧

安価にできる減額法

男性

特定調停を申し立てる

借金問題を解決するためには、弁護士や司法書士といった法律の専門家に依頼するのが一般的ですが、費用がかかります。お金が無く専門家に依頼する費用を捻出するのが難しい、別に債務整理は必ずしも専門家に依頼をしなければならないということでもないのです。個人で債権者と話し合って減額することもできますが、なかなか個人相手だと強気に出て交渉に応じない貸金業者もいます。そこで、特定調停という債務整理があります。この債務整理は、簡易裁判所に間に入ってもらうことで貸金業者と返済方法について交渉をするための手続きです。弁護士や司法書士に依頼をしないで手続きができるため1社当たり印紙代500円、切手代420円の費用で行うことができます。専門家に依頼すると着手金だけで1社3万円〜5万円はしますから、それを考えると特定調停は1社1000円程度で債務整理を行うことができます。ただし、専門家に依頼しないので再生計画案は自分で練る必要があります。収入や最低生活するためにどれぐらい必要かなどを考慮し、無理のない返済計画を立てます。調停委員が相手方との交渉を進めていってくれます。注意点としては、話し合いによる解決法なので調停不成立になることもあります。そして、過払い金が発生していて借金の残高を上回ることがっても、弁護士に依頼すれば現金としても戻ってきますが、特定調停は借金を返済しやすくすることが目的のため過払い金の請求は行わないです。別途過払い金の請求の手続きをする必要があります。

Copyright© 2018 着金問題の悩みを解消する方法【借金のトラブルは債務整理で解決】 All Rights Reserved.