記事一覧

特定調停で減額

天秤

どうしても費用を抑えたい

特定調停は、借金返済に困った人が利用できる債務整理です。弁護士や司法書士の専門家に依頼せずに、裁判所に通って自分で手続きをするため安価な費用で債務整理を行うことができます。特定調停は、どういった債務整理なのか、効果としては任意整理と似た特徴があります。利息制限法以下に引き直し計算し借金の減額を期待できる、利息や遅延損害金の免除ができる効果があります。弁護士に依頼すると任意整理の手続きは、高額な費用がかかってしまいますが、どうしても費用を抑えたい、そういった方向けに特定調停は弁護士に依頼をする必要がなく、裁判所への費用も印紙代と切手代で1社当たり1000円程度でできるため、費用を抑えて債務整理したい人には最適の手続きです。注意しなければならない点は、過払い金です。特定調停は、過払い金で減額をすることができるのですが、例えば借入先5社を特定調停する場合、その内の1社が過払い金の額が借金の額を上回った、この場合減額して債務を0にすることはできますが、超過分の利息については特定調停の手続きでは返還を求めることができないのです。過払い金返還請求手続きをする場合には、特定調停と並行して行うことはできませんので、特定調停とは別に請求手続きをする必要があります。法律事務所の無料相談では、過払い金の金額を無料シミュレーションしてくれるところが多いため特定調停の前に事前に調べてもらうということもできます。

Copyright© 2018 着金問題の悩みを解消する方法【借金のトラブルは債務整理で解決】 All Rights Reserved.